万有回

主に趣味の読書について綴っていければと思います。「昭和の残り滓」といわれる世代。

漢検1級を受験してきた

 こういう報告をブログに書くのもどうかなと思うけれど、今日、漢検1級を受験した。英検1級と漢検1級を取ることを目標としてきて、英検1級の方は昨年合格して、現在、漢検1級に挑んでいるところ。

  漢検1級を初めて受験した感想としては、過去問から想像していたよりもハイレベルだったということ。実は前半を解いているうちは割と手応えがあったのだけれど、後半になるにつれて、難易度が上がっていったように思う。特に最後の文章題では、田山花袋「熊野飛行」、服部撫松「東京新繁昌記」とともに)頼山陽日本外史」からの出題ということで、幕末まで遡るのかと驚きを禁じ得なかった。

  自己採点の結果、(一)の読みは23/30点、(二)の書きは32/40点など概ね8割弱をマークすることができた。(個人的に手応えはあったが、これでも)合格ラインぎりぎりといった感じ。しかし、その後の出来が悲惨なほど悪かった。採点するにつれて、どんどん凡ミスが増えていった。「賽」を「塞」と書いたり、「梳く」を「鬆く」、「轆轤」を「輾轤」、「閻王」を「鴛鴦」(なんかこれ、出題者の狙いにまんまと引っかかった感がある……)、「遐邇」を1点しんにょうで書くなどの失態も犯した。四字熟語は10問中4問しかできなかった。(合っていたのは、「薏苡明珠」「風声鶴唳」「跳梁跋扈」「朮羹嫋嫋」の4問のみ)結局のところ、自己採点の結果、恥ずかしながら全体の6割にも達することができなかった。勉強法としては、効率的な時短のためにExcelで対照表を作り溜め、暗記していた。今日もファイルに綴って会場に持参したものの、復習する時間は余りなかった。(でも、たとえば「噬臍」「頑陋」などは持参したリストにあって、事前に見返していたおかげで難なく書けた。)

 仕事で余り時間が取れなかったりして……、といっても仕事で忙しいのは誰しも皆同じなので、言い訳に過ぎない。真面目に本腰を据えて取り組み、次回はリベンジしたい。漢字を調べる過程は楽しいし、ノートやファイルを蓄積していく作業も夢中になれるので、途中で挫折することはまずないだろうと思う。何となく、今回の第1回の試験で変化球の予兆みたいなものが所々あったため、第2回は若干ハードルが下がる予感がする。(といっても、全体のハードルが下がることはないと思うので、前半の難易度が上がったりなどのバランスの変化があると思われる。そのため、点が取れなかったところは更に重点的に調べるが、逆にそれなりに点が取れたところを再度洗いざらい突き詰めなければいけない気がする。)今回の予兆めいた変化球は、次の傾向と対策を考えるうえで凄く面白い。過去問と較べても、今回マニアックな設問が多くて難しく思えたので、大方は死に物狂いで勉強して次に挑むものと思われる。